おみくじ

 

普段は、神も仏も信じないと強がっていても、おみくじを引くときばかりは、ゲンを担いでみたくなりますよね。

できることなら「大吉」を引いて、気分よくなりたいもの。

 

でも、いったい「大吉」って何パーセントくらい入ってるんでしょう?

 

ずばり、大吉は全体の17%。

上から大吉、吉、半吉、小吉、末小吉、末吉、凶の7種類あって、それぞれ17%、35%、5%、4%、3%、6%、30%という割合が多いそうです。

でも凶が30%って、かなりの割合ですよね。

おみくじを最初に作ったのは、比叡山延暦寺の僧、「慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)」といわれています。

今から約1000年も前のことですが、そのときに、良源が決めた「大吉」、「吉」、「凶」、「その他」の割合が、いまだに守られているそうです。

ただし、おみくじは時代の世相に併せて改変されているものもあるので、寺社によって割合が違うこともあるとのこと。

 

誤解している方が多いのですが、おみくじは“これから悪いことが起こりますよ”と予測する占いではありません。

今一度、自分の日々の生活を見直して、心を引き締めなさいという神仏からのお告げです。

だから、もし凶を引いても落ち込む必要はありません。

 

逆に、たとえ大吉を引いたとしても、願望や健康、恋愛といった各運勢の項目には、必ず戒めとなる言葉が書かれています。

大吉

吉凶だけに一喜一憂するのではなく、中身もしっかり読んで日々の生活に生かすのが大切です。

 

ちなみに、一般的に日本の場合は、凶が出たからといってくじを引き直してはいけません

神社の木に結ばずに、家に持ち帰って引き出しの中に、33日間入れておいてくださいね。

 


この記事をご覧のあなたに・・・
2つの開運アイテムを無料プレゼント中!