招き猫

商売に縁起がいいといわれ、お店の入り口などに置いてあるのをよく見かけるのが「招き猫」

大阪で最も有名な住吉大社では、「招き猫を48個集めると願いが叶う、ご利益がある」といわれ、せっせと通う商売人が絶えません。

この住吉大社で販売されている「招福猫」という、羽織りを着た愛嬌のある土人形の招き猫、基本毎月1日、初めての辰の日にあたる「初辰まいり」でしかゲットできないレアものです。

この日は早朝から商売人たちが続々と訪れて境内は大賑わいとなります。

大阪だけではなく、全国各地から集まるということです。

3種類あって、最も小さなネコは手のひらサイズ。

そして、ネコの上げる手は毎月違うのも重要なんです。

奇数月は、左手で「家内安全」、偶数月は右手で「商売繁盛」にご利益があると言われています。

見事に48個集めると、今度は中くらいサイズの招福猫に交換してもらうことができるのです。

これも集めてさらに48個集めるともっと大きいサイズに変えてもらえるのですが、毎月の辰の日に48回参ると、四十八辰、要するに「始終発達(しじゅうはったつ)」となるから、だと言われています。

実際に48回参るには丸4年。

さらに中サイズ、大サイズとなると、足かけ12年にも及びます。

欠かさず参って満願成就となるには、ご利益ともども、自身が健康である事も大事となりますね。

やはり「健康であること」こそ開運につながるということです!