宇宙

突然寒気がして鳥肌が立ったり、耳鳴りがしたり、急に立ちくらみのような眩暈を覚えたり・・・。

霊感や感受性の強い方なら、こういった経験は少なくないかもしれません。

そんな時、あなたはどうやって対処していますか?

今回は、そういう事象に遭遇したときに自分で出来るお祓い方法をご紹介します。

 

塩風呂に入る

古来より清めの儀式で用いられる塩。入浴前に1つまみの塩を湯船に入れてつかるだけです。

塩

入浴自体に禊(みそぎ)の効果が期待できるので、なるべく毎日湯船に浸かることをおすすめしますが、「時間や設備の関係でなかなか湯船に入れない」という方は、シャワーを浴びてお風呂から出る前に塩で首から腰回りをマッサージして洗い流しましょう。

湯船でもマッサージでも、使う塩は精製塩ではなく、海の力が強く残る粗塩が効果的です。

 

拍手(かしわで)を打つ

音による邪気払いです。

神社で参拝するときにパンパンと2回手を打ちますね。やり方はそれと同じです。

 

鈴を鳴らす

拍手(かしわで)と同じ、音によるお払いです。

神社のお守りなどに、鈴がついているものがあることはご存知の方も多いでしょう。

自分の好きな音色の鈴を選び、アクセサリー感覚でつけてみるのもいいかもしれません。

なんとなく不穏な空気を感じたらさりげなく鳴らしてみましょう。

 

お香を焚く

霊はお線香の煙と一緒に天に上り成仏すると言われています。好きな香りのお線香があるのならそれがベストですが、お線香に抵抗のある方はお香でもよいと思います。

お香

 

セージを焚く

パワーストーンの浄化にも用いられるホワイトセージ。葉自体もそうですが、燻した煙に強い浄化力があると言われているので、清めたいものや人、空間に煙が行き渡るようにしましょう。

 

簡単なものをご紹介しましたが、まずそういったものに寄って来られないようにするために、自分自身が明るい気持ちを持つことが肝心です。

疲れたときは、自然に触れたり好きな音楽を聴いたりしてリラックスし、エネルギーを充電しましょう。

ちなみに、LINE@の友達全員にプレゼントしているこちらの「開運の御札」も、悪いものを寄せ付けず、運を開くのにオススメです。筆者はスマホの待受けとして持ち歩いていますよ(^^)


この記事をご覧のあなたに・・・
2つの開運アイテムを無料プレゼント中!