ブルーな電話

 

電話は、現代社会において欠かせないコミュニケーションツールです。

とはいえ、あまりにヒドい内容の電話は、正直言ってちょっと憂鬱なもの。

仕事中にクレーム電話を受け取ったときや、面倒な友人の人生相談など、まるで自分のオーラが相手に侵食されているみたいに感じたことはありませんか?

そんなときには、この「らくがき魔術」をためしてみてください。

 

  1. 電話をしながら、左上から始めて右上、右下、そして左下の順に紙に丸を4つ描きます。
  2. そしてその書き順と同じ順序で、丸同士を線でつないで四角形を描きます。
  3. 最後に四角の真ん中にトン、とペン先を突き立てながら「私はここ」と心の中で唱えます。

らくがき

「4」という数字は、「安定」や「基礎」の魔法のエネルギーを含んでいるので、バラバラでとりとめのない会話に、どっしりとした安心感を与えることができます。

そして、最後にトン、とペン先を真ん中に突き立てることで、自分のテリトリーを再認識すると同時に、安全に守られた自分自身の世界の中に「5」のエネルギーを呼び込むことができるのです。

「5」という数字がつかさるのは、「創造」「直感」、そして「子どものような無邪気さ」

無邪気な子供

だから、ふとしたひらめきが降りてきて、相手にひざを打たせるようなアドバイスをすることができるかもしれません。

このらくがきは、電話中に何度でも描くことができます。

会話中に好きなだけ紙に書いてみてください。

電話が終わった後は、らくがきした紙を小さくたたんでゴミ箱へ捨ててくださいね。

 


この記事をご覧のあなたに・・・
2つの開運アイテムを無料プレゼント中!