私は、都内の出版社で編集者として働いています。

 

チームで仕事をすることが多いからでしょうか。昔から職場のメンバー同士は、仲が良く、一緒に飲みに行ったり、夏にはバーベキューを企画するなど、良い関係を築いています。

そんな、職場のメンバーで特に仲良くしていたのが、3歳上の男性の同僚でした。

結婚を思い描いていた私に突如訪れた別れ

営業部の彼は、年上だということを感じさせないほど、居心地の良いひとでした。

そのため、彼から告白されたときも、断る理由が思いつかなかったので、即OKしました。

交際は順調で、私の頭には当初から「結婚」の2文字がありました。

彼も同じ気持ちのようでした。

 

でも、交際の3ヶ月後、突然彼から「別れたい」と告げられたのです。

具体的な理由は告げられず、「好きじゃなくなった」と言われました。

 

予想だにしないことだったので、頭が真っ白になりました。

仕事も手につかなくなり、職場では彼と毎日のように顔を合わせるため、気持ちの整理が、まったくできませんでした。

寂しげな女性

彼との別れを諦めることができなかった私は、「復縁したい。どうやったら彼と復縁できるのか」ということを考えるようになりました。

残念なことに、彼とのLINEはブロックされてしまいました。

でも、幸いにも同僚である私には、接点を持つ方法は残されています。

 

もともと占いやスピリチュアルには興味がなかったのですが、同僚にも相談できないので、行き帰りの電車でよく「復縁」って検索していました。

そうすると、必ず「占い」サイトが出てくるんですよね。

ネットには、無料の占いがたくさんあって、気がつけばネットの占い相談にハマっていました。

 

サクサク占えて、良い答えがもらえるのですが、気持ちの盛り上がりは一時的なんですよね。

いくら「彼と復縁の可能性あります!」と結果が出ても、翌日彼と顔を合わると、「復縁の可能性、本当にあるの?」と落ち込んでしまうような態度なのですから。

 

電話占いも考えたのですが、顔の見えない鑑定士さんに、こんなプライベートな話をするなんてと思うと気が引けました。

でも、復縁はアクションが早い方が成功しやすいと聞いたことがあり、すぐにでも対面の占い鑑定が受けたいと思っていた矢先、これだ!と思う占いサイトを見つけたのです。

それが、ZOOMアプリを使って対面鑑定ができる「ガーデン華」でした。

復縁相談の前に、失恋を受け入れている自分に気づく

実は、「復縁したい」と思っていましたが、心の奥底では「復縁って後ろ向きではないか?」と思う私もいました。

ガーデン華のサイトには「占い依存者は、気分のいい場所にとどまり、成長することをやめた人」の文言がありました。

復縁したいと彼との思い出を振り返るんですが、それは全て、幸せだった過去のことだけ。

ここにとどまっていると、「私の魂の成長」はないのではないだろうか?と思っていました。

 

また、「あなたが占いに幸せになることを求めるならば、一時的な慰めは無用です。」とも、ガーデン華のサイトには書かれていました。

「これは、他の占いサイトとはかなり違う!」とピンと来たので、パソコンの画面越しに華先生の鑑定を受けることにしました。

 

先生に復縁できるかご相談したところ、開口一番「半年以内に、あなたの運気をうんと上げてくれる人に出会えるわよ」と言われて、とてもびっくりしました。

 

運気というのは、3ヶ月で変わるそうです。

3ヶ月間は仕事に打ち込みつつ、休日は、友人やひとりで心地の良いことをしていると、次第に心も整い、より良い私にふさわしい相手に会える。

そう思ったら、彼のことは諦めたというか、どうでも良くなって来ました。

不思議な感覚でした。

 

鑑定を受けながら、次の3ヶ月間の私がありありと想像できたのです。

 

占い相談でアドバイスいただいたことは、納得のものばかりでした。

そして、鑑定を受けながら、私自身の中で答えが自然と出せていました。

鑑定を受けながらにして、自分で答えが出せたことは新たな自信となりました。

ハッピーそうな女性

 

鑑定を受けて3ヶ月が経ちました。

不思議なことに、元彼はお客様先に出向することになり、職場での接点はなくなりました。

新しい出会いは、今のところありませんが、このところ、友達付き合いが変わって来たので、その中での新しい出会いに期待できそうなんです。

 

鑑定のときに華先生が言っていたのですが、復縁ではなく、「縁切り」を依頼するかたもいるみたいです。

でも、そういうときに限って、本当は必要な縁を切ろうとしている場合もあるらしいんです。

そんな人の場合は、復縁の可能性があるっていうことなんでしょうね。